ウーマン

根本から打破する|最新テクノロジーの加齢臭対策でエチケット

洗顔に使う石鹸

ソープ

成分は天然由来が良い

洗顔石鹸は肌に優しいと思われていますが、優しいかどうかは成分によって異なります。最良とされている成分は天然由来なもので、敏感肌など肌が弱い人でも使用できる洗顔石鹸を選ぶことをオススメします。洗顔は肌表面のよごれ・皮脂・角質などを落とすために必要なことですが、肌に存在しているものは落としすぎると逆効果になります。適度によごれ・皮脂・角質を落としてくれる洗顔石鹸が良いものであり、刺激が低いことも大切です。天然由来成分はどのような肌質でも使用可能である上に低刺激で、綺麗にしながらも皮脂などは落としすぎることがないそうです。洗顔石鹸を選ぶ時には、まず天然由来であることを確認すると安全で効果のあるものが選べると思います。

合成活性剤が必要な場合も

肌やスキンケアでは、皮脂と水分のバランスが大切です。特に乾燥は大敵で、スキンケアの中で乾燥は洗顔時に起こりやすいとされています。そのため、皮脂のバランスを低下させない洗顔石鹸を使用する必要があります。水分バランスは保湿で補うので洗顔後が大切になりますが、皮脂については正しい洗顔が大切です。しかし、しっかりメイクをする場合は天然由来の洗顔石鹸ではメイクが取れないことがあります。しっかりメイクを落とす時は、合成活性剤が配合されているメイク落としなどを使用してクレンジングを行う方が良いです。合成活性剤でメイクを落とす時は、すすぎの時にぬるま湯を使用すると肌にメイク落としの成分が残らずに済みます。メイクをちゃんと落とすためには合成活性剤を使用する必要がありますが、ぬるま湯を使用するということを忘れないようにすると肌への負担は軽減できます。